無痛分娩に関して

当医院の無痛分娩について


無痛分娩について、そして当医院における無痛分娩の麻酔の方法から分娩前日から当日のスケジュールまでをご紹介します。

無痛分娩について

 

硬膜外麻酔という手術の際にも使われる麻酔によって、陣痛と分娩の痛みをとる方法です。
使っている麻酔薬は基本的には痛みだけを抑えて、触られる感覚や運動する神経は残りますので歩くこともできますし、いきむこともできます。
痛みがないことから、赤ちゃんを生む感覚は普通のお産よりはっきり感じることができます。
陣痛を耐える間の筋肉の緊張も少ないか、まったくないので、産後の筋肉痛もほとんどありません。そのため、お産後の回復も早いと思います。
お産は痛いから怖いと思っている方、前のお産が痛くて2度と生みたくないと思っている方にはお勧めの方法です。どうぞご相談ください。

麻酔の方法

 

1. 硬膜外麻酔
背中から細いチューブを硬膜外腔という部分に挿入してそこから麻酔薬を注入して痛みを和らげます。
チューブを挿入するため原則的に計画分娩となります。

2. 笑気ガス麻酔
陣痛がついてから痛みを和らげる注射(筋肉注射)をして、歯科の治療などで使う笑気ガスという麻酔ガスを吸って痛みを和らげます。
基本的には自然に陣痛が来るのを待ちます。
どちらの麻酔を選択されても、意識はありますのでお産をした実感はお持ちいただけます。
痛みを和らげる力は硬膜外麻酔のほうが強くなります。

当院における硬膜外麻酔による無痛分娩のスケジュール

 

【前日】

1. 夕方にご入院いただきます。

2. 硬膜外腔に麻酔のチューブを挿入します。
● チューブの挿入は麻酔の専門医が行います。
挿入部には非常に細い針で局所麻酔をします。(歯科の麻酔とほぼ同じ麻酔ですが、歯の麻酔ほどの痛みはありません。)
後は押される感じはありますが強い痛みはありません。
● 背中の骨の異常や、出血しやすい病気をおもちなどの場合この方法は選択いただけない場合もあります。また、背骨の隙間が狭い場合は挿入を断念する場合もあります。

3. 子宮の出口を開くための準備の処置をします。
陣痛がついただけでは、お産が進むのに時間がかかってしまう場合もあります。早くお産が進むためには子宮の出口が開きやすくやわらかくなっていることが必要です。そのための準備です。

【当日】

1. いよいよ分娩です。陣痛誘発剤を点滴して陣痛をつけていきます。
● 陣痛誘発剤は分娩の際、人間の脳から出るホルモンの一種です。けっして毒ではありませんので、それ自体がお母さんや赤ちゃんに害になるようなことはありません。しかし、いっぺんに大量に投与してしまうと強すぎる陣痛が来て、赤ちゃんが疲れてしまうようなこともありえます。そのため陣痛誘発剤の点滴は、ポンプを使って極少量から少しずつ増やしていきます。また、赤ちゃんが元気かどうかをモニターしていきます。
● 最初の内、少し痛みを我慢してください。全く痛みのないところからはじめてしまうと、ほんの少しの痛みの変化を非常に強く感じてしまう場合があるためです。
また、あまり早く麻酔を始めてしまうと陣痛がつきにくくなって分娩が進みにくくなってしまう場合もあるためです。
● 麻酔薬を注入して15分から20分ぐらいで痛みがとれてきます。痛みがとれてこないと感じたらおっしゃってください。体の向きを変えたり、チューブの位置を変えることで痛みがとれてくる場合もあります。
硬膜外麻酔の欠点として部分的に痛いところが残ってしまう場合があります。その場合は他の方法をあわせて使う場合もあります。
● 当院で使用している麻酔薬は痛みをとりますが、触られる感覚は残ります。それを痛みと感じてしまう方もいらっしゃいます。痛みだけをとることを目的とした麻酔薬ですので、基本的に運動神経は麻痺しません。歩いてトイレに行くこともできますし、もちろん分娩のときにいきむこともできます。
時に、運動神経に影響が出ることあり、足がしびれたようになって、普通に歩いてしまうと転倒してしまうようなこともあります。歩きたいときは必ず看護士にお伝えください。

2. 分娩後もしばらく麻酔薬は注入します。
後陣痛やきずのいたみをやわらげるためです。

硬膜外麻酔の問題点

 

◆ 神経の走行に個人差もあり、部分的に痛みが残ったり、片側しか効かなかったりする場合があります。
◆痛みの神経と運動神経は近い位置にあるため、運動神経も一緒に麻痺してしまう場合があります。普通に歩けるつもりで歩いてしまうと力が入らず転倒してしまう可能性があります。
◆脊椎の骨折や椎間板ヘルニアの既往がある場合、出血しやすい状態にある場合この方法は選択できない場合があります。
◆合併症としてはチューブ挿入部からの感染、脊髄神経を傷つけてしまう場合や、脊髄周囲の血管を傷つけてしまい血のたまりを作ってしまうことなどがあります。基本的には硬膜外麻酔の経験豊富な医師が挿入するため、そのような危険性はほとんどありません。