体重の管理について

体重の管理について


当クリニックでは体重管理について時には厳しくご指導することがあります。
動き辛い妊娠中に体重管理とは難しく感じるかもしれません。
でも妊娠中の適正の体重は決まっています。
赤ちゃんとご自分の健康の為に確認していきましょう。

それではどれくらいの体重を目安に体重管理をすればよいのでしょうか。

妊婦さんの体重は7~12kgの増加に抑えるのが目安です。

その内訳は

赤ちゃん………………………3kg
子宮・羊水……………………1kg
血液(1.2~1.5倍に増加)…2kg
脂肪……………………………1kg
合計 7kg


この7~12kgの増加はあくまでも標準体重を基準にしたものです。

標準体重はこちらの計算式で出します。

身長(m)×身長(m)×22=標準体重

上記の計算式で出た標準体重+7~12kgが妊娠中の体重です。

そして標準体重に当てはまらない方はこのように対応します。

【標準体重よりやせている方】
標準体重+7kgを目指すのではなく、ご自分の妊娠前の体重+7~12kgであって、まずは標準体重まで増やすということは必要ありません。

【標準体重より太っている方】
すでに妊娠前から標準体重をこえている方でしたら、標準体重+7kgを目指すことになります。その場合、体重が増加しすぎないよう、ダイエットも考える必要があり、ドクターとの相談が必要になってきます。

過度の体重の増加は赤ちゃんだけでなく、母体にも危険を及ぼします。
妊娠中だからたくさん食べて太っても良い、ということではなく、より一層の健康管理が必要になってきます。

赤ちゃんとご自分のために、体重管理をしっかりしていきましょう。