クリニックについて

院長よりご挨拶

新中野女性クリニック院長
海老原 肇 Hajime Ebihara
(産婦人科学会専門医/母体保護法指定医)

 

周産期センターは500gに満たない本当に小さい赤ちゃんや、身体に障害を持って産まれる赤ちゃんを、産まれる前から産まれた後まで管理し、よりよい状態で育つように手助けをする施設です。

わたくしは11年間にわたり周産期センターでお母さんと赤ちゃんのために働いてきました。うれしいこともたくさんありましたが、かなしい結果をたどったお母さんや赤ちゃんもみてきました。

そういう経験から、お母さんになった女性がそして赤ちゃんが、本当に安心して優しい愛情に包まれる病院を作りたいと思っています。そのために力の尽くせる限り努力していきます。

お気付きの点がございましたら、なんなりとお申し付けください。皆様に助けていただいて思いのこもった病院を作っていきます。

1981  聖マリアンナ医科大学卒業
 聖マリアンナ医大産婦人科研修医
1988  聖マリアンナ医科大学大学院卒業
 医学博士号取得
1989  聖マリアンナ医大横浜市西部病院
 周産期センター医長および産婦人科医長 兼務
2001 10月 新中野女性クリニック開院
2004 10月 医療法人化(医療法人社団 千房会)

スタッフ紹介

現在スタッフは産婦人科医2名、麻酔医2名(非常勤)、新生児専門医1名、助産師5名、看護士6名、看護助手6名、受付事務5名、食事スタッフ5名おります。
ご来院される皆様に対して、充分な人数で対応させていただきます。
スタッフ一同、一番身近で親身に相談できる良きパートナーとなりたいと考えています。

新生児専門医

小保内先生:東京女子医科大学新生児科

院長より

皆様により安心な入院生活を送って頂くために、新生児専門の医師が入院中の赤ちゃんを診察することになりました。退院後のご心配もどんどんお聞きになって下さい。

スタッフ募集のお知らせ

新中野女性クリニックではスタッフを募集しております。
どうぞメール(ebihara@snwomen.net)にてお問合せ下さい。
募集スタッフ:ドクター、助産士、看護士、事務受付

初めての方へ 無痛分娩について 分娩までの流れと入院について プラセンタ/ニンニク注射 ピルに優しいクリニック 中絶手術でお悩みの方へ woman blog facebook instagram Q&A